読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰にでも理想のタイムを出せる方法

 

こんにちは、トモキです。

 

今回は「水泳」について
あなたにお伝えしようと思います。

 

練習にメリハリがでない、
試合で結果がでない、
という人は必見です。

 

この記事を読むことで
あなたも水泳のコツ
を知ることができるのです。

 

さらに、
練習に対する気持ちや、
試合での気持ちの持ち方
なども変わってきます。


そうすることで、
あなたも理想のタイムをだし、
練習にも身が入るようになるでしょう。


その結果、
水泳を通じて、
自分は成長したなど、
自分にとっての自信になります。


こう言った生活に憧れますよね。
誰しもこういう生活になれるんです。

 

逆にこのことを知らなかったら、

タイムはでないまま、
練習ではダメダメで
コーチに怒られるなど
悪いままになります。


さらに、
周りにも悪い影響
を及ぼしかねないのです。

 

そうすることで、
水泳が楽しくなくなり、
いやいや病こと、練習や試合、
水泳の全てが嫌になるでしょう。


その結果、
今まで水泳をやってきたことが
誇りだった自分がいなくなり、
何に対しても無気力な人
になりかねないのです。


こういう生活
にはなりたくないですよね。
僕は以前までこういう風な
人間になりかけていました。

f:id:tomoki-sports1120:20170428202117j:plain


興味がある方はこのまま読み進めてください。

それは
練習の方法を変えること
です。

 

「え、そんなことですか?」
と思ったあなたは
もしかしたらちゃんと理解
できてないかもしれません。


なぜ、練習の方法を変えること、
と言うのかは
今まで僕自身も指導者がいて
その人から言われた通りのこと

だけをしていたのです。


それではダメなんです。
それではどうしたら
変われるかお教えしていきます。


――――――――――――
ステップ1
考え方を変える

ステップ2
ヘッドアップという水面から頭を上げる練習、
ドルフィンキックの練習を多く

ステップ3
・何に対しても競う心を忘れない
――――――――――――


というステップを僕は心がけていました。
ステップ1では、
考え方を変えること、

 

それは指導者の言われた通りのこと
をするのではなく、
自分でその内容を少し工夫してみることです、


工夫というのは
どんな些細なことでもいいんです、
工夫することで水泳という競技
が自然と楽しくなるのです。


ステップ2では、
ヘッドアップという練習、
ドルフィンキックの練習を増やすこと、

 

なぜかと言うと、
ヘッドアップの練習を
することでひとかき目(キャッチ)
の感覚が身に付いていくからです。

 

そしてドルフィンキックはとても簡単です、
四泳法の中で
1番強化したら速い泳法だからです。

 

昔背泳ぎの選手がいて、
ドルフィンキックの
何mまでという制限がない時代に

ドルフィンキックで20m以上泳いで、

オリンピックで金メダルを取った人がいるのです。


なのでドルフィンキックというものが
いかに大事かわかりましたよね。


ステップ3では、
何に対しても競う心を忘れないで、

1人で練習している人は
僕はこの事については
アドバイスできないですが、


ほとんどの人が多数で練習
していると思います、

 

その中で例えば、
練習中ハードのメニューがあれば横のレーンの人には負けない
ライバルをみつけ、
どんなことでも負けない、

 

練習中ドルフィンキックをする時誰よりも長い距離、
などどんな些細なことでも
負けない気持ちを持てば
必ず結果がでます。


ここまで読んでくれたあなたに
最後にしてほしいことがあります。

このことをすれば
理想の自分になります。

それは、まず行動です。

先ほど言った内容を試しにやってみてください。

ここまで最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

トモキでした。