読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試合に弱い人必見

こんにちはトモキです。

 

今日は試合の時いつものタイムが出せない

という人にどうすれば

いいタイムで泳げるかを

教えていこうと思います。

 

この内容がわからないと

今後大事な試合があってもその時だけ

いいタイムで泳げなかったりします。

 

また、そんな状況が続けば

誰しもやる気がそがれたりしますよね。

 

しかし、この記事を読めば

いいタイムが安定して出せるようになっていき

大きな変化が訪れることになると思います。

 

それでは内容に入っていきたいと思います。

 

f:id:tomoki-sports1120:20170428200146j:plain

人は集中して一発の力を

存分に発揮できる能力がある動物なんです。

なのでたいていの人は練習より

試合でいいタイムで泳げるんです。

 

だから火事場の馬鹿力

という言葉があるんです。

その意味は、切迫した状況に置かれると

普段には想像できないような力を

無意識に出すこと。

 

それが試合で出せれば

苦労しないですがそれに近いパフォーマンス

はできると思います。

 

だから練習中では出せないタイムが

試合なら出せたりするんです。

 

では、なぜ試合の時だけいいタイムで
泳げないか、それは気持ちの問題なんです。

 

水泳で最も大事な

試合前の気持ちの持っていき方

教えていきます。

 

まず一つは、

間違ったウォ―ミングアップの方法

 

ほとんどの人が試合前のアップで

ただ泳いでいるだけ、

 

フォームを意識しているだけ

で、一番重要なことをしていないんです。

 

泳ぐだけ、フォームを意識

それは練習中にできることです。

 

一番重要なことは、

アップで心拍数を上げることです。

なぜかというと、

 

心拍数を上げずに試合に挑んだら

急な心拍数増加に

体が反応しないことがあるからです。

 

なのでアップ中に必ず心拍数を

上げるように心がけてください。

 

もう一つは、

ルーティンです。

ラグビー選手の五郎丸選手のルーティンが

とても有名になりましたが、

 

ルーティンは練習では大丈夫なのに

っていう人にはとても効果的で、

いつもの練習どうり、

 

もしくはそれを上回るパフォーマンスが

できる可能性が大いに上がるからです。

 

最後にリラックスすることです。

緊張のせいで思っていた動きが

できなかったなどよく聞く話です。

 

リラックスする方法はどんなことでもよく

例えば、音楽を聴く、や

好きなことをするなど

たくさんありますよね。

 

しかし完璧にリラックスした状態は良くなく、

程よい緊張感を持ちリラックスした

状態がベストだと思います。

 

最後まで読んでもらい

ありがとうございました。

なにか悩みごとのある方などコメント

もらえたら嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

練習ではいいタイムで泳げていても

それでは単にいい練習相手にしかならないのです。