読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

普段の練習方法を変えれば誰しも速くなる

こんにちはトモキです。

 

今回話していくのは、練習方法を

少し変えてほしいということです。

 

「指導者がメニューを作って変えられない」

という話ではなく

練習の中身の部分を変えてほしいんです。

 

「どういう意味?」

と思った方は今からいう内容を

実践してみてください。

 

もしあなたが今から言う内容を

実践することで、

練習に対する気持ちが変わると思います。

 

さらに、そのことを意識するだけで

あなたのタイムがよくなるでしょう。

 

逆にこれを実践しなければ

今の現状のままで水泳人生が

終わってしまうことになるでしょう。

 

水泳というスポーツをしているかぎり

誰しも速くなりたいですよね。

 

では、

いくつか実践してほしいことを言います。

 

f:id:tomoki-sports1120:20170428192757j:plain

一つ目は、

ローリングを意識すること、

ローリングがわからない人に説明をします。

キックやストロークに合わせて

身体が左右に傾くことをいいます。

 

簡単に言えば、姿勢をよくして泳ぐことです。

泳いでいるときに体がブレブレだったら

水の抵抗をとても受けてしまいます。

 

コツとしては

リカバリー(水をかいた後の動作)

の肩を高く挙上げ、

着水時の手の入り方に意識を集中させる、

その時キックの足もブレないように。」

 

ということです。

このことを意識するだけで泳ぎに

変化があると思います。

 

二つ目が、

以前にも書かしてもらった、

入水時の手のキャッチです。

入水時から多くの水をかけていたら

有利だと思いませんか?

 

初めは入水直後から多くの水を

かくことになるのでしんどいと思いますが、

慣れてきたときには

大きな変化があると思います。

 

その練習方法で最も最適な練習が

ヘッドアップという練習方法で

頭を水面より高い状態で泳ぐことです。

 

その練習はキャッチメインの練習なんで

まずその練習を取り入れてほしいです。

 

最後にスカーリングというものを

実践してみてください。

 

それは足にプルブイを挟み、

足を固定し、腕(手のひらが重要)

で∞無限を描くように

泳ぐことです。

 

そうすることで水の感覚

わかるようになるんです。

 

他にもさまざまな方法がありますが

まずはこれを実践してください。

 

そして実践してもらえた人は

コメントもらえたら嬉しいです。

 

ここまで読んでもらい

ありがとうございます。