読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水泳と関わる筋トレ

こんにちはトモキです。

 

今回は水泳を行う上で

水泳に合った筋トレ方法を

いくつか紹介していきたいと思います。

 

このブログを読むことで

水泳で必要な筋肉がつくでしょう。

 

そして理想的な体格が身につくでしょう。

 

このブログを読まなければ

あなたは理想の体格にはなれないでしょう。

 

f:id:tomoki-sports1120:20170428191725p:plain

 ではこれから

どのようにして筋トレを

行っていくかを書いていきます。

 

まず一つは、

懸垂です。

水泳で懸垂?

と思われがちなんですが

 

その理由は

泳いでいるときの水をかく動作に似ているからです。

やはり、水泳で一番使うところは

かく動作なんです。

 

懸垂をするときに

足を振って勢いでやる人がいますが

それは意味がなく

正しい懸垂方法は

 

腕を肩幅より少し開き

腕だけで上がるのではなく

体を持ち上げる感覚で行うのが

一番効率がいいです。

 

また、頭を折りたたみ背中の筋肉で

体を持ち上げるのもいいと言われています。

 

二つ目は、

体感トレーニングです。

やはり水泳は陸の上と違い

普段と違う環境に置かれています。

 

その水中でいかに抵抗をなくし

きれいな姿勢のままで泳げるかが

鍵になってくるんです。

 

なので体感は必ず行ってください。

練習前、練習後

空いた10~20で体感トレーニング

でしたら十分の効果が表れると思います。

 

ですが体感トレーニングは

継続しなければ意味がないんです。

その継続が難しくて

途中でやめてしまうことになるんです。

 

ですが、継続さえすれば必ず

結果についてくるでしょう。

 

初めは基本的な肘をつき足を伸ばしてキープ

の状態で大丈夫です。

 

慣れていけば足を上げたり、

横向きになったり体感トレーニングは

色々な方法があるので変えていける

楽しさもあると思います。

 

今回はこれで以上にしたいと思います。

また違うブログで筋トレのことを

載せるつもりなんでそちらも

見ていただければ光栄です。

 

また、なにか質問がありましたら

コメントなどよろしくお願いします。