読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩周りの強化が1番の早道

こんにちはトモキです。

 

今回話す内容は

水泳で最も必要な筋肉の

鍛え方です。

 

それは肩周りの筋肉

腕をかく時に必ず必要になる筋肉です。

 

この記事を読めば

水泳選手の1番の魅力の

逆三角形の体型を持つことができます。

 

逆にこの記事を読まなければ

逆三角形の体型が手に入らず

タイムも伸び悩むでしょう。

 

f:id:tomoki-sports1120:20170428190656j:plain

 ではこれから鍛え方を

話していきます。

 

まずフロントレイズという

筋トレ方法を教えていきます。

 

フロントレイズとは

ダンベルor500mのペットボトル2本

で行う筋トレです。

 

両手でダンベル(ペットボトル)を持ち、

ももの前側付近に構える。
その時、背筋をまっすぐに伸ばしておく


両肘を軽く曲げる
両腕をゆっくりと上げていく
胸の高さまで上げたら、2秒間キープ


その後、ゆっくりと元に戻していく
この動作を15回程繰り返す
インターバル(1分間休憩)

それを3~4セット行っていきます。

 

そして次に

サイドレイズという筋トレ方法です。

 

同様に

ダンベルor500mのペットボトル2本を用意し

 

両手にダンベル(ペットボトル)

を持って肘を軽く曲げる
足は肩幅くらいに開いて、

上半身は少し前傾姿勢にする


その時、背中を丸めないよう意識してください
肘を軽く曲げたまま、

ゆっくりと上に上げていく
肩と同じくらいの高さまで持ち上げたら、

2秒間停止する


その後、重さに耐えながら元に戻していく
この動作を15回程繰り返す
インターバル(1分間休憩)
それも同様3~4セット行います。

 

 これを慣れるまで続けてもらえたら

筋肉量は大幅にアップするでしょう!

 

ですが筋トレ後は必ずストレッチをして

筋肉をほぐしてください。

 

ぜひ今からやってほしいと思います。

 

何か質問などありましたら

コメントなど貰えれば嬉しいです。

ありがとうございました。